がまへら 幻煌天
並継、規格尺数;15〜27尺

長尺竿の世界を変える快適性の追求。

長尺竿で大切なことは何か。まず思い浮かぶのは「軽快さ」でしょう。では自重が軽ければ良いのか?それは一概には言えません。がまへら幻煌天は「軽快」の「快」に着目。快適な釣りを1日間続けるためには軽さと同時に竿の張りとパワー、そして握りの形状が重要になってきます。快適性を追求するべく、まず振込時の竿先のブレを抑えるために穂先〜♯3を軽量化し張りを大幅に向上。竿先が軽くシャンとしているために、振込の軽快さと正確性は目を見張るものがあります。パワーランクはがまへら歴代長尺竿シリーズのなかで最も強く設定。軽さ、操作性のみならず大型へらをあしらうパワーも兼ね備え、管理釣り場から野釣りまで幅広くご使用いただけます。また、竿が長くなればなるほど手には大きな力が掛かり滑りやすくなってきます。それを解消するために八角形握りを採用。力のかかるスポーツの世界で使用されていますが、長尺を1日使用するのはかなりの力と運動量が必要です。この八角形握りによって振り込み、やり取りにおいて竿の回転や横ブレを軽い力で抑えこむことが可能。あらゆる場面での操作性が向上しています。
既存の概念にとらわれない快適性の追求が新たな長尺竿の世界を魅せてくれます。

尺数  
戻る
尺数 全長
(m)
重量
(g)
仕舞寸法
(cm)
継数
(本)
先径
(mm)
元径
(mm)
価格
(税込)
15 4.5 70 59.5 5 1.2 11.2 72,270
16 4.8 74 68.0 5 1.2 11.5 76,230
17 5.1 78 77.5 5 1.2 12.2 80,190
18 5.4 87 88.0 6 1.2 12.7 88,110
19 5.7 92 78.0 6 1.2 13.3 91,080
21 6.3 104 85.0 6 1.2 14.3 94,050
23 6.9 117 93.0 7 1.2 14.9 106,920
25 7.5 135 86.0 7 1.2 16.2 112,860
27 8.1 150 92.0 8 1.2 16.7 133,155